患者が安心する看護師とは

看護師の仕事をしていると、様々な患者さんと接することになると思います。それほど症状が悪い患者さんでなければ「気軽に話しかけられる」という方も多いと思いますが、症状が重症になってくると「どんな風に声を掛けたら良いのか分からない」と感じる方もいると思います。しかし、看護師の仕事は患者さんの不安なども取り除くことが大切となりますから、迷っている暇はありません。

では、患者さんにとって安心出来る存在になるためには、どういった接し方が必要となるのでしょうか。まずは、どんな患者さんに対しても同様に対応していくことが必要です。重症だから、症状が軽いからといって接し方を変える必要はありません。まずは、あいさつなつなどの声掛けが大切になってきます。「今日は調子はどうですか?」「お天気が良いですね」といったたわいもない話でも構いませんから、積極的にコミュニケーションを取っていくことが必要です。中には、自分から話しかけられない患者さんもいますから、看護師の方がから積極的に話しかけていきましょう。また、話しかけの際には患者さんには敬語で話すことがマナーです。どんなに親しくなっても、患者さんに対してため口をきいてしまえば患者さんによっては不快に感じる方もおり、安心感を失ってしまう可能性がありますからね。気にかかることがある場合には、相談に乗ることも大切ですよ。

安心して患者さんに接してもらう看護師になるためには、まずはコミュニケーションが欠かせません。最初からスムーズに話しが出来る患者さんもいますが、中には人見知りの方もいますから、そういった場合には積極的に話しかけ安心感を与えていきましょう。そうすれば、治療などもスムーズに行えるようになりますよ。

  • Recent Posts