患者が求める安心感

治療や入院を強いられている患者さんというのは、不安を抱えていたりストレスを抱えているものです。家族がいる方であれば家族に相談したり、愚痴を言ったりすることも出来ますが、「誰にも言えず治療に励むしかない」という独り身の方もいるでしょう。これでは、治療は単に苦しいものとなってしまいますよね。そんな時、看護師が寄り添うことが出来れば良いですよね。

患者さんの多くは「話を聞いてほしい」と思っています。もちろん、治療や入院をしていれば医師とも話をしていることになりますが、医師と接する時間というのはとても短いものですよね。診療時間はほんの数分ということもありますから、「不安があっても確認することが出来ない」という患者さんも多いのが現状。そのため、看護師と話をしたいと思っている患者さんが多いんですよ。患者さんに何か相談をされた場合には、何よりもその患者さんの話をゆっくりと聞いてあげることが大切です。忙しい時には、「後で時間を作るからその時でも良いですか?」と確認し、邪見に扱わずに対応することも必要となるでしょう。しかし、看護師の中には今の職場が忙しすぎて、患者さんの話をゆっくり聞くことができない状況に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんな看護師は転職して職場環境を変えることで、自分自身の心にゆとりが持てるようになり、患者さんに向き合った安心感を与える看護が出来るようになるのではないかと思います。

患者さんの多くは看護師に話したいと思っています。それぞれ不安や悩みを抱えていますから、「何か話したそうだなぁ」と感じた時には「どうしましたか?」と声かけをしていくことも大切となるでしょう。話を聞く時にはゆっくりとうなずきながら聞くことで、患者さんも聞いてもらえているという安心感が生まれます。中には、看護師に話しただけで「すっきりとした」という方もいるんですよ。聞く姿勢があると分かるだけでも、患者さんにとっては安心感に繋がるはずです。

  • Recent Posts